アクキーがスマホスタンドに!?「推し」と快適に過ごせる超便利アイテムを紹介

近年、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスが人気を高めています。   映画、アニメなどが見放題であるため、「休日は、スマホで好きな動画を一気見して過ごす!」という方も増えました。   … “アクキーがスマホスタンドに!?「推し」と快適に過ごせる超便利アイテムを紹介” の続きを読む

近年、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスが人気を高めています。

 

映画、アニメなどが見放題であるため、「休日は、スマホで好きな動画を一気見して過ごす!」という方も増えました。

 

一方、スマホを手にもって長時間動画を視聴していると、疲れてしまうでしょう。

 

  • 「動画を快適に視聴したい!」
  • 「アニメや漫画が大好き!」

 

今回は、アニメや漫画が大好きで快適に動画を視聴したい方に向けて、下記の内容を紹介します。

 

  • アクキーのスマホスタンドとは?
  • スマホスタンドアクキーの魅力
  • 日本キーホルダー工業でスマホスタンドアクキーを制作する手順
  • スマホスタンドアクキーを制作する際のポイント
  • スマホスタンドアクキーを制作する際の注意点

 

本記事を読めば、便利アイテムであるスマホスタンドアクキーの魅力について知り、自分の「推し」と一緒に動画を楽しめるでしょう。

 

後半では、スマホスタンドアクキーを制作する際のポイントや注意点についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

アクキーのスマホスタンドとは?

スマホスタンドとは、スマホを固定できるスタンドのことを指します。

 

スマホスタンドを活用すれば、動画視聴やデスクワーク、ビデオチャットなどを快適に行うことが可能です。

 

日本キーホルダー工業では、スマホスタンドとして利用可能なアクキーの制作を承っております。

 

手作りのイラストや、自分の好きなアニメや漫画の画像などを入稿していただければ、簡単に制作することが可能です。

 

オリジナルアクキーをスマホスタンドとして活用すれば、自分の大好きな「推し」と一緒にスマホ生活を快適に過ごせるのです。

 

下記では、スマホスタンドアクキーの特徴について詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

日本キーホルダー工業のスマホスタンドキーホルダー

 

超快適!スマホスタンドアクキーの魅力

スマホスタンドアクキーの魅力について紹介します。

 

日本キーホルダー工業が提供するスマホスタンドアクキーの魅力は、以下の5つがあげられます。

 

  • 生活が快適になる
  • 丈夫でスマホが傷つかない
  • 手軽に持ち運べる
  • 企業のプロモーションに使える
  • 大好きな「推し」をデザインできる

 

ここからは、スマホスタンドアクキーの魅力について具体的に紹介していきます。

 

生活が快適になる

スマホスタンドアクキーを活用すれば、生活が快適になります。

 

現在、スマホは世界中に普及しており、日常生活に必要不可欠なものです。

 

例えば、スマホを利用するシーンとして以下があげられます。

 

  • アニメや映画などの動画視聴
  • 料理をする際のレシピ一覧
  • アプリなどのゲーム
  • エクササイズ
  • 社内会議や友人とのビデオチャット
  • オンライン授業の視聴
  • デスクワーク
  • ライブ配信

 

スマホは便利な機能が豊富であるため、プライベートから仕事まで幅広いシーンで利用されているのです。

 

一方、スマホは手に持って作業することが多く、iPhoneやAndroidなどの端末自体は自立できません。

 

そのため、動画などを視聴する際はスマホを手に持つか、支えるものを用意する場合が多いです。

 

また、並行して他の作業を進める場合は、作業を中断してスマホの内容を確認する必要があるでしょう。

 

スマホスタンドアクキーを活用すれば、作業を中断する必要はありません。

 

スマホを立てることで、レシピを見ながら料理したり、楽に動画を視聴できます。

 

その都度スマホを持つ手間が省けるので、スマホ生活をストレスのなく快適に過ごせるのです。

 

丈夫でスマホが傷つきにくい

スマホスタンドアクキーは、丈夫で傷つきにくいです。

 

アクキーの材料は、透明度が高く耐久性に優れたアクリル樹脂です。

 

雨や光などによる変色や強い衝撃にも耐えられるため、透明度や強度の低下が極めて低く、長く愛用できます。

 

優れた耐久性や切断などの加工のしやすさから、アクリル樹脂はスマホスタンドアクキーだけでなくさまざまなグッズで活用されています。

 

下記では、アクリル素材で制作できるグッズについて紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

 

また、スマホスタンドアクキーは厚みが5mm、開口部は幅16mm×高さ10mmです。

 

カバーや画面保護ガラスを考慮しており、厚みが9.7mmまでのスマホに対応しています。

 

丈夫なアクリル素材の利用とスマホの厚みを考慮した加工で、お客様のスマホが傷つかないようデザインされているのです。

 

手軽に持ち運べる

スマホスタンドアクキーは、手軽に持ち運びすることが可能です。

 

日本キーホルダー工業が提供するスマホスタンドアクキーの外形は、縦50.5mm×横70mmで、重さは15g程度です。

 

子供が身に着けても負担を感じないほどの重量と言えます。

 

比較的軽いグッズであるため、子供から大人まで手軽に持ち運びできるでしょう。

 

スマホスタンドアクキーは、キーホルダーとして持ち運びながら、時にはスマホスタンドとして活躍するグッズなのです。

 

企業のプロモーションに使える

スマホスタンドアクキーを活用すれば、企業のプロモーションとして活躍します。

 

例えば、企業のロゴやマスコットキャラクターがデザインされたスマホスタンドアクキーを、会社の説明会やイベントなどで配布すると仮定します。

 

手軽に持ち運べる実用性の高い便利アイテムであるため、イベント参加者が企業のスマホスタンドアクキーを日常的に利用する可能性が高まります。

 

デザインされた会社のロゴやマスコットキャラクターが周知されるため、自然と企業の認知度が向上するのです。

 

下記の記事では、ノベルティできるキーホルダーの魅力について紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

「キーホルダー」というノベルティできる最強の企業プロモーション

 

大好きな「推し」をデザインできる

スマホスタンドアクキーは、自分の好きなアニメのキャラやイラストをデザインできます。

 

大好きな「推し」をデザインできるため、自分好みのスマホスタンドアクキーを制作可能です。

 

アニメを観る際に自分好みのスマホスタンドアクキーを使用すれば、自分の「推し」と一緒に動画を視聴することができるのです。

 

また、「推し」がデザインされたスマホスタンドアクキーであれば、鍵やかばんに付けて街を出歩くのが楽しくなります。

 

イベントなどで、アニメキャラがデザインされたスマホスタンドアクキーを持てば、周囲に自分がそのアニメのファンであることをアピールできます。

 

アピールできれば会話のきっかけに繋がるので、初対面の場合でもすぐに仲良くなれるでしょう。

 

日本キーホルダー工業でスマホスタンドアクキーを制作する手順

日本キーホルダー工業でスマホスタンドアクキーを制作する手順について紹介します。

 

スマホスタンドアクキーの制作手順は、以下の通りです。

 

  • デザインデータを作成する
  • デザインデータを入稿する
  • 代金を支払う

 

スマホスタンドアクキーの制作は、超簡単です。

 

ここからは、上記の手順について具体的に解説します。

 

①デザインデータを作成する

まずは、デザインデータを作成しましょう。

 

デザインデータを作成する方法は、以下があげられます。

 

  • IllustratorもしくはPhotoshopでデザインにしたい画像を調整する
  • Illustratorで手描きのイラストを作成する
  • デザインにしたい画像の調整を業者にお願いする

 

Illustratorとは、テキストや画像を組み合わせたレイアウトや、線と図形でオリジナルのイラストを作成できるツールです。

 

また、Photoshopとは、写真や画像の加工・色の調整、画像の合成などに特化した編集ツールです。

 

IllustratorとPhotoshopはどちらもAdobeが提供しているツールで、自由自在に写真・イラストの調整や作成が可能です。

 

上記のツールでイラストを作成したり編集すれば、オリジナリティーあふれるイラストを制作できるでしょう。

 

しかし、ツールの利用には月額料金が発生します。

 

また制作ツールは、イラストの作成や調整作業に慣れていない方にとって、操作に慣れることに時間がかかる可能性があります。

 

日本キーホルダー工業では、デザインデータの調整を無料で承っております。

デザインデータの調整が難しいと感じる方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

 

下記ページでは、日本キーホルダー工業におけるデザインデータの調整費が無料な点について紹介しております。

 

気になる方は、ぜひご覧ください。

 

データ調整費が無料なのに画像1枚でアクキーが作れる!手軽すぎるキーホルダー作成

 

②デザインデータを入稿する

デザインデータが用意できれば、入稿しましょう。

 

スマホスタンドアクキーの制作を依頼する際は、フォームまたは電話でのお問い合わせがおすすめです。

 

フォームや電話で「スマホスタンドを作りたい」という旨をお伝えいただければ、スムーズにスマホスタンドアクキーを制作できます。

 

日本キーホルダー工業は、日本一お客様に優しいグッズ制作を承っております。

 

日本キーホルダー工業のホームページの価格表から注文することも可能ですが、特に初めてご利用される場合は、疑問や不安を感じる方も多いです。

 

そんなお客様に安心してご依頼いただけるよう、日本キーホルダー工業では、電話やお問い合わせフォームからもグッズ制作をお受けいたします。

 

お問い合わせ後は、お客様がスムーズにデータを入稿できるよう、メールにて申し込みフォームを送らせていただきます。

 

スマホやPCで申し込みフォームを開き、デザインデータを入稿していただければ、簡単にスマホスタンドアクキーを制作できます。

 

お客様の分からないことや気になる点を残さないように対応させていただくので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

日本キーホルダー工業 
電話番号:03-6240-9227
お問い合わせフォームはこちらから

 

③代金を支払う

デザインデータを入稿した後は、代金を支払いましょう。

 

スマホスタンドアクキーの価格は以下の通りです。

 

個数

1個あたりの価格

30個~

338円 (30個の場合 10,140円)

50個~

311円 (50個の場合 15,550円)

100個~

294円 (100個の場合 29,400円)

200個~

279円 (200個の場合 55,800円)

300個~

266円 (300個の場合 79,800円)

400個~

258円 (400個の場合 103,200円)

500個~

250円 (500個の場合 125,000円)

1,000個~

240円 (1,000個の場合 240,000円)

 

注文する個数が多いほど1個あたりの単価は安くなります。

 

1,000個以上の注文も可能です。

 

また、法人様は別途ご相談を承っております。

 

下記のページでは、法人向けキーホルダー制作の手順について紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

オリジナルキーホルダーを販売したい方へ!法人向け制作手順を徹底解説

 

制作する個数や接続パーツ、デザインデータの数を確認した後、当社よりお見積もり内容のメールにてお伝えします。

 

支払い方法は、以下の3つです。

 

  • 銀行振込
  • 代金引換
  • クレジットカード決済

 

詳しくは日本キーホルダー工業のご利用ガイドをご確認ください。

 

支払い確認後、制作を開始させていただきます。

 

あとは、スマホスタンドアクキーの到着を待ちましょう。

 

スマホスタンドアクキーを制作する際のポイント

スマホスタンドアクキーを制作する際のポイントについて紹介します。

 

  • 業者と入念に打ち合わせをする
  • デザインデータのサイズを調整する
  • 白版やカットラインを確認する

 

ポイントについて確認しておけば、クオリティーの高いスマホスタンドアクキーを制作できるでしょう。

 

ここからは、上記のポイント3つについて具体的に解説します。

 

業者と入念に打ち合わせする

スマホスタンドアクキーを制作する際は、業者と入念に打ち合わせをしましょう。

 

オリジナルグッズの制作において、完成イメージを業者とすり合わせすることは、非常に重要です。

 

入念に打ち合わせをしなければ、制作において業者との認識に相違が生じる可能性があります。

 

スマホスタンドアクキーのデザインが想像と違ったり、必要なイベントまでに納品が間に合わないといったトラブルに発展するかもしれません。

 

トラブルを防ぐために、しっかりと自分のイメージを共有すれば共通認識に沿ってスマホスタンドアクキーを制作できます。

 

理想の仕上がりに、ギャップが生まれることを防止できるのです。

 

円滑にスマホスタンドアクキー制作するためにも、できるだけ具体的に要望を伝えることが大切です。

 

デザインデータのサイズを調整する

スマホスタンドアクキーを制作する際は、デザインデータのサイズを調整しましょう。

 

入稿したデザインデータと指定したスマホスタンドアクキーの実際のサイズが異なる場合、業者側が調整して印刷するのが一般的です。

 

制作するスマホスタンドアクキーのサイズに合わせたデータでなければ、仕上がりが想像していたものと異なる可能性があります。

 

そのため、デザインデータを入稿する際は、原寸大のデータを用意することをおすすめします。

 

白版やカットラインを確認する

スマホスタンドアクキーを制作する際は、白版やカットラインを確認しましょう。

 

白版とは、スマホスタンドアクキーの色を綺麗に発色させるためのデータです。

 

スマホスタンドアクキーの材料であるアクリル板に直接イラストを貼りつけた場合、ステンドガラスのように透けてしまいます。

 

透け感のある仕上がりにならないためにも、素材へ印刷する前に一度白いインクがベースになる白版を挟むのです。

 

また、カットラインとは、実際にアクリル素材を切り取る形を指示したデータです。

 

デザインにしたいイラストとカットラインの調整を行わなければ、適切な箇所に穴を開けられず、パーツを接続できない可能性があるのです。

 

クオリティーの高いスマホスタンドアクキーを制作するためにも、白版とカットラインデータの調整は必須と言えます。

 

下記の記事で、白版とカットラインについて詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

 

オリジナルアクキー制作のポイント「白版」とは?

 

オリジナルアクキー制作のポイント「カットライン」とは?

 

スマホスタンドアクキーを制作する際の注意点

スマホスタンドアクキーを制作する際の注意点について紹介します。

 

  • デザインデータのファイル形式
  • デザインデータの解像度
  • 制作開始から納品までの期間

 

スマホスタンドアクキーを制作する際の注意点について確認すれば、安心して制作を進められるでしょう。

 

ここからは、上記の3つの注意点について具体的に解説します。

 

デザインデータのファイル形式

デザインデータのファイル形式について確認しましょう。

 

日本キーホルダー工業では、デザインデータをjpg/png形式に指定しております。

 

jpg形式の場合は背景を白色にし、png形式の場合は背景を透明にしましょう。

 

また、日本キーホルダー工業の申し込みフォームからアップロードできるデータサイズは、20MBまでです。

 

例えば、画像のサイズが大きかったり、解像度が高すぎる場合、データサイズが大きくなり入稿できないため注意してください。

 

デザインデータを入稿する際は、ファイル形式やサイズに注意しましょう。

 

デザインデータの解像度

スマホスタンドアクキーを制作する際はデザインデータの解像度に注意しましょう。

 

解像度とは、どれだけ画像を細かく表示しているかを指します。

 

単位はdpi(dots per inch)で、1cmの幅の中に表示できるドット数です。

 

日本キーホルダー工業では、解像度が350dpiのデザインデータを推奨しております。

 

デザインデータの解像度が低ければ、出来上がるアクキーのデザインが粗くなる可能性があります。

 

一方、データの解像度が高すぎても、印刷に不備が出る可能性があるため、低すぎず高すぎない解像度に設定しましょう。

 

制作開始から納品までの期間

スマホスタンドアクキーを制作する際は、製作開始から納品までの期間に注意しましょう。

 

スマホスタンドアクキーの制作に必要な機械の稼働率などによって、納品までにかかる期間が変わる可能性があります。

 

自分の見込み以上に時間を要したというケースもあるので、時間に余裕を持って業者に相談することをおすすめします。

 

アクキーのスマホスタンドを制作するなら日本キーホルダー工業にお任せ!

今回は、スマホスタンドアクキーの魅力や制作手順、そのポイントと注意点について紹介しました。

 

スマホスタンドアクキーには、スマホライフを快適にするだけでなく、企業のプロモーションなどさまざまなシーンで活躍します。

 

そんな「キーホルダー」と「スマホスタンド」の二面性を持つスマホスタンドアクキーの制作は、超簡単です。

 

日本キーホルダー工業では、日本一お客様に優しいアクキー制作を承っております。

 

お客様のご要望に可能限り寄り添うアクキー制作を心がけているので、疑問や不安な点があれば、ぜひお気軽にご相談ください。

 

一つひとつの案件に、スタッフがしっかりと対応させていただきます。

 

興味のある方は、まずは日本キーホルダー工業公式サイトをご確認ください。

 

キーホルダー以外の制作もお任せください

キーホルダー以外の制作にも興味のある方は、以下サイトをご確認ください。

 

缶バッジ→バッチリ缶バッジ

Tシャツ→推しTeeふぁくとりー