同人活動をしている方に届けたいアクリルスタンドオリジナル製作の魅力

アクリルスタンドがデータ作成無料で超お得に作成できます アクリルグッズの二大定番と言っていいほど、アクリルキー…

アクリルスタンドがデータ作成無料で超お得に作成できます

アクリルグッズの二大定番と言っていいほど、アクリルキーホルダーと一緒に認知されてきているアクリルスタンド。日本キーホルダー工業でも、お問合せがあった場合のみ製作させていただいたのですが、2019年2月に正式にリリース。
直後から大変多くの製作依頼をいただいております。公式グッズから同人グッズももちろん毎日のように様々なご相談をいただきます。

アクリルスタンド価格表をすぐに確認したい方はこちら

アクリルスタンド、通称アクスタとも言われます。今回は、そんな人気商品である「アクリルスタンド」の特徴や歴史について書いていきたいと思います。
アクリルスタンドとは、アクスタとは、どんなものなのかということを今回は詳しく解説していますのでどうぞお楽しみに。

アクリルスタンドを「自作するのはちょっと。。。」と製作のご依頼を悩んでいるそこのあなた! 読んでいただければ、いかに簡単に自作でき、これからまだまだ人気がでてくるアイテムなのか分かっていただけると思います。かわいい自分だけのオリジナルアクリルスタンドの製作をお手伝いさせていただけますと幸いです。

それでは少し遠回りとなりますが、アクスタとは何か、どんなモノか、を知る為にアクリルキーホルダー・アクリルスタンドの素材である「アクリル樹脂」について少し掘り下げていきたいと思います。

アクリル樹脂の特徴

耐衝撃性:ガラスの耐衝撃性の約16倍。割れてもガラスの様に飛散しない。
耐候性:紫外線や風雨に強く、野外で長年使用しても耐えられる。
透明性:透過率93%と、ガラス以上の透明性を誇る。
剛性:アクリル樹脂の表面は硬く、アルミニウムと同等の硬さを誇る。
加工性:加工性に優れさまざまな製法に対応。
電気絶縁性:高電圧に耐えられる素材で、絶縁性が高い。
温度適応力:マイナス40℃からプラス60℃まで耐えられる。

と、日常生活ではあまり使いようのないトリビアを披露しましたが、
さまざまな用途に使用できる高性能素材であることはご理解いただけたかと思います。

非常に優れた素材で、「プラスチックの女王」といった二つ名を持っていたりもします。美しく素敵なネーミングですよね。

アクリル樹脂の歴史

アクリル樹脂が工業化され始めたのは、約85年前の1934年頃と言われています。
アクリル樹脂の特徴で記載したように、透明性・高い耐久性・耐候性から、
軍事目的での利用が活発化され、世界中で多くの製品に採用され普及していきました。

当時は有機ガラスとか風防ガラスなどと呼ばれていました。こうして歴史を紐解いてみるといろいろなことが見えてきます。

アクリルスタンドの魅力

・飾れるし、持ち運べる2WAYの楽しみがある

アクリルスタンド最大の魅力と言えば「飾りやすさ」ですね! 商品として自立できる仕様となっているので、組み立てれば置くだけでOKです。また、アクリルスタンド本体にボールチェーンを通す吊元穴を用意しておけば、気分次第で持ち運びもできちゃいます。

・台座にもオリジナル要素を盛り込める

アクリルキーホルダーよりも台座(スタンド部分)分パーツが大きい為、
オリジナル要素を盛り込んで製作できることも特徴の一つと言えます。

日本キーホルダー工業のアクリルスタンドは、台座は無地の定型パーツとなっております。しかし、ご希望があれば台座もオリジナルで製作することも可能です。連結仕様にしてカップリングを楽しんだりして、オリジナル感を出したアクリルスタンドが製作できるのも自作ならではの楽しみと言えますね。

・大きいサイズのアクリルスタンドも作れる

アクリルキーホルダーですと、吊元穴や接続パーツの都合で大きいものでも十数センチといったところでしょう。しかし、アクリルスタンドであれば大きさは理論上無限大! ※台座も大きく強固なスタンドにできます。

日本キーホルダー工業での一番大きいサイズは100平方cm以内としていますが、A3サイズ程度であれば製作が可能です!
※大きいアクリルスタンドは個別見積もりとなります。
大きいアクリルスタンドとは、オリジナルとしての存在感抜群でPOPなどとして使うのにピッタリです。

日本キーホルダー工業のアクスタの特徴

製作可能なサイズ展開が多い
他業者様のサイトを見てみると、40mm角~80mm角までといったサイズ展開がスタンダードですが、リアライズでは、40mm角~100m角まで製作対応をしております。

サイト表記では、面積(平方センチメートル)で出しています。60×40mmのスタンドを製作する場合、他業者様であれば60mm角の価格で計算されてしまいますが、弊社では、25平方センチメートル(50mm角)の一つ下の金額で提供が可能です。

※サイトに掲載はございませんが、A3サイズまでであればアクリルスタンドの製作が可能です! 物販時のPOPなどに使えば注目度アップ間違いなし、お気軽に製作のご相談をいただければと思います。

アクリルスタンドのデータ調整が無料!
日本キーホルダー工業では、アクリルキーホルダーのデータ調整費はいただいていませんが、もちろんアクリルスタンドも無料で調整し製作をさせていただきます!

注文時に画像を1枚お送りいただくだけで、誰でも簡単にアクリルスタンドを作ることができます。

日本キーホルダー工業 アクリルスタンドページ

アクリルスタンド、アクリルフィギュアの違いってなに?

弊社では、アクリル板を立たせたものを「アクリルスタンド」アクスタと呼称していますが、同じ仕様であっても、しばしば名を変えて「アクリルフィギュア」なんて呼ばれ方をされたりもしていますね。キャラクターグッズ、同人グッズの業界で特にこの言われ方をこの2年でよく聞くようになった気がします。

スタンド、フィギュアこの違いについてですが、弊社で使っている「アクリルスタンド」という言葉の意味合いのアイテムがトレンドとして普及され始めたのは2014年~2015年頃と言われています。

これより以前の90年代や2000年初頭頃の「アクリルスタンド」というワードは、
写真やフライヤーを展示する什器として使われるスタンドフレームの文脈で使われていました。そして次に使われ始めたのがスマートホンを立てかけるためのスタンド。スマホスタンドと言われたりもしますね。続々と様々なスマホスタンドが世の中に登場していきました。

そういった意味の取違いを少なくする為に、アクリルスタンドではなく
アクリルフィギュアと名前を付けて呼称する方々も出てきたと言われています。
今となっては、どちらのワードでも意図する商品として認知されるようになっていますね。こうして冷静に考え言い比べてみるとアクリルフィギュア、確かに個人的にはこっちの言い方もとてもしっくりきます。スタンドというと今は様々な形状があるので、アクリルフィギュア・・・。こちらの方が良いですね。あくまで個人的見解です。

アクリルスタンドの歴史

発祥がいつか正確には推し量れない部分が多いのですが、2014年頃を境に店頭などでよく見受けられるようになりました。

これは、アクリルキーホルダーがラバーキーホルダーとの覇権争いを制し、アニメグッズシーンで台頭してきた頃と時期が重なります。

そこから、アクリルキーホルダーのブームを見て、アクリル板を使用した他アイテムでの製作物の開発が活発になったと推測できます。

※ラバーキーホルダーと違い、型を必要としない為、少ない数から安く製造できるというメリットから店頭に並ぶ機会が増えたと言われています。

また、Google広告のキーワードプランナーというツールで、アクリルスタンドを調べてみると下記のようなワードがでてきます。

※キーワードプランナーとは、サジェスト(キーワードを検索窓に入れた時にでてくる検索候補のこと)別に検索ボリュームを測定することができるツールです。

・キーワード↓

鬼滅の刃 アクリルスタンド
五等分の花嫁 アクリルスタンド
コナン アクリルスタンド
イナズマイレブン アクリルスタンド
ジョジョ アクリルスタンド

このように人気タイトルのアクリルスタンドを求め検索をする方が大勢いらっしゃいます。近年ではアイドルグッズとしても爆発的な人気を誇り押しのアイドルと一緒におでかけするような楽しみ方も多くの若者で一般的となってきたように思います。

しかし! そんな人気タイトルををおさえ最も検索されているワードが「自作・オリジナル」でした! ※18年11月~19年10月までの期間の数値です。

キャラクターグッズは当然ですが、同人の世界や個人で作るグッズ・アイテムとして、市民権を得られているかということが分かりますね!

サイズが大きくなるアクリルスタンドの今後

そして現在アクリルスタンド今まさに需要の拡大期だと言えるのではないかと考えて久しぶりにキャラクターグッズの専門店に足を運びアクリルスタンドをみてみると「大きい・・・」と思うことが本当に増えました。
かつてアクリルキーホルダーでどんどん大きいサイズのものが販売され、一大ムーブメントになった時のことを思うとアクリルスタンドの人気が最高潮に達するのはまだまだ続くかと思います。
先日公開した「グッズ担当者様がアクリルキーホルダーのオリジナル製作を最大の武器にした方が良い理由」でも紹介させてもらったように、アクリルスタンドはアクリルキーホルダーと共に人気は衰えることはないと言い切れます。まだまだ需要は増えていき店頭・物販などで見るシーンも増えていくでしょう。
元々キャラクターグッズ業界そして同人の世界では自作派も含めてよく作られていたアクリルスタンドですが、今はではアイドルはもちろん、アーティスト、スポーツ業界、企業の販促まで様々な業界で作られるようになりました。まさにアクリルスタンド戦国時代、そんな様相を呈しています。

↑グッズ担当者様がアクリルキーホルダーのオリジナル製作を最大の武器にした方が良い理由

まだアクリルスタンドを製作したことがないというそこのあなた! 本当に簡単に製作ができちゃいます。作ることに関してわからない事があれば、スタッフが丁寧にご説明いたしますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

アクリルスタンドの詳細はこちらから!