その場で撮った写真を送るだけ!それでアクリルキーホルダーができる日本キーホルダー工業!

「『Ai?』『Photoshop?』 どのデザインツールを使ってアクリルキーホルダーデータを作ればいいの? え? 『白版?』『カットライン?』『吊元穴?』 なにがなんだか分からない!誰か助けて!」 お任せください。日本キ … “その場で撮った写真を送るだけ!それでアクリルキーホルダーができる日本キーホルダー工業!” の続きを読む

    Aug 24, 2020

    user

    「『Ai?』『Photoshop?』 どのデザインツールを使ってアクリルキーホルダーデータを作ればいいの? え? 『白版?』『カットライン?』『吊元穴?』 なにがなんだか分からない!誰か助けて!」

    お任せください。日本キーホルダー工業の達磨です。
    アクリルキーホルダーの作り方がわからない! 忙しすぎて時間がとれない! めんどくさい! そんな現代社会と日々闘っている方々に教えたいのが、日本キーホルダー工業のデータ調整無料サービスです!
    以前「写真画像からもOK!画像を送るだけでアクキーを作る。かんたん入稿の方法」でもデザインデータの入稿に関して解説させていただきましたが、今回はアクリルキーホルダーの作り方の部分からお話をしたいと思います。
    ぜひお付き合いくださいませ。

    とにかく急いでる。早く作りたいという方はこちらからどうぞ↓

    アクキー詳細
    アクスタ詳細
    アクリル製品に関するお問合せ先

    ■アクリルキーホルダーの作り方

    データ調整の前にアクリルキーホルダーが工場でどのようにして作られているのか、まずは製造工程の流れを説明していきます。

    ①アクリル板にプライマー剤を塗る。

    ②アクリル板に印刷をする。

    ③アクリル板をカットする。

    ④接続パーツを取り付ける

    ⑤個別包装をする。

    ⑥完成!

    以上の工程でアクリルキーホルダーが作られています!
    アクリルキーホルダーの作り方の詳細はコチラの記事でも紹介をしてますので是非読んでみてください!

     

    ■アクリルキーホルダーの製作データの作り方

    次は、本題であるアクリルキーホルダーの製作データの作り方について説明をしていきます。アクリルキーホルダーのデータを作るうえで、必ず押さえておいていただきたいキーワードが4つあります。それが、レイヤー。白版。カットライン。吊元穴です。

     

    アクリルキーホルダーのデータ作成キーワード①:レイヤー

    ・レイヤーとは
    アクリルキーホルダーのデータを作るうえで押さえておかないといけないもっとも重要なことが「レイヤー」です。レイヤーとは、日本語で「層」、「階層」という意味合いの言葉です。

    つまりアクリルキーホルダーは、層でできていると言っても過言ではありません。

    ・どこがレイヤーになっているの?

    では、アクリルキーホルダーのどこでレイヤーが使われているのでしょうか。
    ズバリ、印刷面でレイヤー構造を見ることができます。この概念と合わせて覚えてもらいたいものが「白版」です。白版とは何なのか、次項で説明いたします。

     

    アクリルキーホルダーのデータ作成キーワード②:白版とは

    通常のアクリルキーホルダーは、透明なアクリル板を使用して製作を行います。
    その為、カラーインクのみでプリントを行ってしまうと発色が悪く(薄い色味に)なってしまいます。

    では、発色を良くする(色を濃くする)為に何をしなくてはならないのでしょうか。
    一般的に白い紙など、白ベースのものに印刷を行うと発色は良くなると言われており、
    アクリルキーホルダーを作る時も例外ではありません。カラーインクを白インクで覆うようにして印刷を行うと格段に発色が良くなります。

    この時に生まれるカラーインクの層。白インクの層。この層を“レイヤー”といいます。これらを合わせることで、イメージの色味に近いアクリルキーホルダーを作ることができます!

    白版の作り方はコチラ

    アクリルキーホルダーのデータ作成キーワード③:カットライン

    アクリルキーホルダーは、自由な形にカットができることが特徴の一つです。その自由にカットを行う形を“カットライン”と呼んでいます。
    ※自由な形にカットすることをグッズ業界では、ダイカットと呼んだりしたりします。

    カットラインが滑らかななのか、ガタガタしているのか、デザインよりも大幅にカットラインが大きいのかなど。カットラインの形によって、アクリルキーホルダーとして完成した時のデザインイメージが大きく異なってきてしまうので、アクリルキーホルダーのデータを作るうえでとても大事な要素になります。

    カットラインの作り方はコチラ

    アクリルキーホルダーのデータ作成キーワード④:吊元穴

    吊元穴は、カットラインの中に含まれる要素の一つです。
    用途としては、接続パーツ(ナスカン、ボールチェーン、カニカンなど)を付ける際に使用するものです。アクリルスタンドなど、接続パーツを使用しない特殊な場合をのぞき、基本的には必ず吊元穴は必要になります。

    吊元穴に位置によって、アクリルキーホルダーを付けた時の傾き具合などが決まります。アクリルキーホルダーの印象を決めるうえで、カットラインと同様に大事な要素になります。

    ■アクリルキーホルダー データ作成無料サービス

    長々とアクリルキーホルダーのデータの作り方について書いて来ましたが、なんとなく雰囲気は掴んでいただけましたでしょうか。

    説明させていただきました「白版」「カットライン(吊元穴)」をすべて無料で頼めるサービスが「アクリルキーホルダー データ作成無料サービス」です!

    こちらの画像のように、もとのPNG画像からアクリルキーホルダーが作れてしまいます!

    作りたい画像を1枚お送りいただければ、アクリルキーホルダーが作れる状態のデータを作成いたします!

     

    ■まとめ

    いかがでしたでしょうか? アクリルキーホルダーを作りたい!と思ってもどうすればいいのか。データの作り方はわかっていても、作成する時間を確保できない。そんな方に是非とも活用していただきたいサービスです!

    日本キーホルダー工業では、電話でのお客様サポートも行っていますので、
    少しでも不安なことがあれば気軽におかけください! 日本キーホルダー工業スタッフが手厚くサポートをさせていただきます。

    それでは、より良いアクリルキーホルダー作成ライフをお送りください!

     

    アクリルキーホルダーを作りたくなったあなたへ

    自分だけのオリジナル商品を作るのはとても楽しいので、仕上がって実際に手にしたときのワクワク&ドキドキ感をあなたもぜひ経験してみませんか??

    日本キーホルダー工業は定番のアクリルキーホルダーをはじめ、レコードキーホルダーラバーキーホルダー木製キーホルダーなど、素材のバリエーションも豊富です!

    日本キーホルダー工業では、はじめてアクリルキーホルダーを作ろうと考えている方でも、気軽に製作ができるよう、熟練スタッフが一からご説明をさせていただいております。

    電話でのサポートも可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

    TEL 03-6240-9227

    問い合わせはコチラから

    キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

     

    キーホルダー以外の制作もお任せください

    キーホルダー以外の制作にも興味のある方は、以下サイトをご確認ください。

     

    缶バッジ→バッチリ缶バッジ

    Tシャツ→推しTeeふぁくとりー