アクスタは本当にプラスチックごみ?適切な捨て方や処分する以外の方法を解説

「アクスタの捨て方を知りたい!」 「アクスタの分別はプラスチックごみでいいの?」 「アクスタを捨てるのは心が痛む!」 今日はアクリルスタンドについての解説。 アニメや漫画、アイドルのアクスタが好きな方は、「ついついグッズ … “アクスタは本当にプラスチックごみ?適切な捨て方や処分する以外の方法を解説” の続きを読む

Jul 4, 2022

user

  • 「アクスタの捨て方を知りたい!」
  • 「アクスタの分別はプラスチックごみでいいの?」
  • 「アクスタを捨てるのは心が痛む!」

今日はアクリルスタンドについての解説。

アニメや漫画、アイドルのアクスタが好きな方は、「ついついグッズを必要以上に集めてしまう」という経験もあるのではないでしょうか。

 

アクスタを集め続けると保存スペースが限界に達したり、引っ越しや部屋の大掃除で大変手間がかかる可能性もあります。

 

アクスタを断捨離しようとしても「具体的にどんな方法があるのかわからない」方も多いです。

 

今回は、そんなアクスタの具体的な捨て方や分別方法について知りたい方のために、下記の内容を解説します。

 

  • アクスタの捨て方は地域によって異なる!
  • 一般的なアクスタの捨て方
  • 環境に優しくない?アクスタを捨てない方が良い理由
  • アクスタを捨てずに断捨離する方法
  • 【アクスタの捨て方】断捨離が楽になるポイント
  • アクスタを捨てたくない方は飾り方を変えてみよう!

 

本記事を読めば、アクスタの分別方法や具体的な捨て方について理解し、部屋をスッキリ整理整頓できるようになるでしょう。

 

また、「アクスタを捨てるのは心苦しい」方もいらっしゃいます。

 

そんな方のために、後半ではアクスタを捨てない方が良い理由や処分する以外の断捨離方法についても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

アクスタの捨て方は地域によって異なる!

結論から言うとアクスタの捨て方は、地域によって異なります。

 

アクスタの材料は、アクリル樹脂と呼ばれるプラスチックです。

 

ネットで調べると、アクスタの材料がアクリル樹脂であることがすぐに分かるので、プラスチックごみに分別すればいいと考える方も多いです。

 

しかし、地方自治体によってアクスタの分別方法や処分の仕方が異なります。

 

日本全国どの地域にも共通しているのは、「アクスタは資源ごみとして処分できない」という点です。

 

ほとんどの地域で、資源としてリサイクルされるのはプラスチック製の容器包装です。

 

アクスタは一般的に燃やすごみとして処理される場合が多いですが、自治体によっては燃やさないごみとして処分するケースもあります。

 

一方、2022年4月に施行された「プラスチック資源循環法(プラスチック新法)」に伴い、各自治体でプラスチックごみの分別方法が変化しています。

 

例えば、東京都の渋谷区では、2022年7月からプラスチックの分別区分を可燃ごみから資源に変更する予定です。

 

参考:渋谷区公式サイト

 

ただ、アクスタのイラストはUVインクで印刷しています。

 

純プラスチックではないので、可燃ごみとして捨てなければならないケースもあるでしょう。

 

確実にアクスタの分別方法を知るためにも、お住まいの地域の自治体へ問い合わせすることをおすすめします。

 

一般的なアクスタの捨て方

一般的なアクスタの捨て方について、ご紹介します。

 

  • 手順①|不用品と必要なものを分ける
  • 手順②|新聞紙や厚紙で包む
  • 手順③|包んだ本体に「割れもの」と書く
  • 手順④|透明なごみ袋に入れる

 

アクスタの分別は地方自治体によって異なりますが、捨て方は割れものと同じです。

 

ここからは、上記の4つの手順について具体的に解説します。

 

手順①|不用品と必要なものを分ける

まずは、アクスタを不用品と必要なものに分けましょう。

 

特に大量のアクスタを持っている場合、最初に手間がかかるのは不要なものと必要なものの仕分けです。

 

効率よくアクスタを断捨離するためにも、以下の3つを意識して断捨離しましょう。

 

  • 残しておきたいもの
  • 確実に捨てられるもの
  • 保留したいもの

 

捨てると後で後悔しそうなアクスタは、ムリに断捨離しようとせず保留にするのがおすすめです。

 

特に、イベントの限定品やもう販売されていないアクスタなどは、残すべきなのか決めにくいのではないでしょうか。

 

そんな時はムリに捨てず保留し、今後どうすべきか判断するといいでしょう。

 

手順②|新聞紙や厚紙で包む

アクスタの仕分けをした後は、不要なものを新聞紙や厚紙などで包みましょう。

 

アクスタの素材は、アクリル板と呼ばれる透明な板です。

 

アクリル板は、プラスチック素材の中で最も耐久性があると言われています。

 

しかし、いくら耐久性があるからといって、アクスタに強力な衝撃が加われば簡単に割れてしまうかもしれません。

 

また、捨てるアクスタの中には本体が割れていたり欠けている場合もあるでしょう。

 

怪我を未然に防ぐためにもアクスタを捨てる際は、割れものを捨てる際と同じ認識で新聞紙や厚紙で包んでください。

 

手順③|包んだ本体に「割れもの」と書く

アクスタを新聞紙や厚紙で包んだ後は、割れものと書きましょう。

 

ごみ収集の作業員にとって、割れものは危険なごみです。

 

割れものが入っていることを知らずして、ごみ袋を手にとってしまうと、怪我をする可能性もあります。

 

そのため、ごみ収集の作業員が扱いに注意すべきと分かりやすいよう、「割れもの」と表記しましょう。

 

もしくは新聞紙に「割れもの」と書いた紙を貼りつけたり、直接「キケン」と記入してください。

 

手順④|透明なごみ袋に入れる

最後に、アクスタを透明なごみ袋に入れてください。

 

ごみの中身が分かるのであれば、透明でなくても半透明の白や青、黄色などのごみ袋を使ってもかまわないでしょう。

 

新聞紙や厚紙でアクスタを包んでいたとしても、鋭利な部分が突き出てしまう可能性があります。

 

ごみ袋の中身が分かりにくい色の袋だと、収集作業員が「割れもの」に気づきません。

 

ごみ収集の方の事故を未然に防ぐためにも、できるだけ中身がはっきりと分かるごみ袋を選びましょう。

 

環境に優しくない?アクスタを捨てない方が良い理由

アクスタを捨てない方が良い理由について、ご紹介します。

 

  • 環境汚染の防止につながる
  • 資源を有効活用できる
  • 処分したら後悔する可能性がある
  • 時間と手間がかかる可能性がある
  • キーホルダーとして活用できる
  • 企業のイメージ向上が期待できる

 

環境のためにも、アクスタはできるだけ捨てない方が良いです。

 

ここからは、上記の6つの理由について具体的に解説します。

 

環境汚染の防止につながる

アクスタを捨てない方が良い理由として、環境汚染の防止につながる点があげられます。

 

上記でも述べたように、アクスタは可燃ごみとして処分されることが多いです。

 

アクスタのようなプラスチックを焼却すると、温室効果ガスの主成分である二酸化炭素が発生します。

 

日本国内のプラスチック焼却で発生する二酸化炭素排出量は、年間約1,600万トンと言われています。

 

二酸化炭素が増加し続けると地球温暖化の促進につながってしまうので、大気汚染の観点から非常に問題視されているのです。

 

環境汚染を防止するためにも、アクスタは可燃ごみとして捨てない方が良いでしょう。

 

現在、世界の人々が力を合わせて達成すべき目標として「SDGs」が注目されています。

 

SDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略称で、持続可能な開発目標という意味を指します。

 

世界共通の社会問題を解決して、持続可能なより良い世界を目指すための取り組みです。

 

アクスタをできるだけ捨てずに有効活用すれば、SDGs達成に貢献できるでしょう。

 

下記のページでは、SDGsについてや目標に貢献できるグッズの活用例について詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

環境に優しいキーホルダー!企業がSDGsに貢献すべき理由とグッズの活用事例

 

資源を有効活用できる

アクスタを捨てない方が良い理由として、資源を有効活用できる点があげられます。

 

上記で述べた大気汚染だけでなく、現在地球上では将来的な資源不足も懸念されています。

 

アクリル樹脂以外のプラスチックの原料は、ほとんどが石油などの化石燃料です。

 

石油はプラスチックの生産だけでなく、火力発電や暖房などの熱源、自動車や飛行機などの動力源としても使われています。

 

生活に欠かせない資源でありながら、永久的に生産できるものではありません。

 

将来的に、石油などの化石燃料は底を尽きると言われています。

 

SDGsの目的である持続可能なより良い世界の実現を達成するためには、限られた資源を大切に使わなければなりません。

 

リサイクルできないプラスチックから作られたグッズが不要になると、ただごみとして焼却したり埋立地に使われることが多いです。

 

資源を有効活用できているとは言えず、埋立地も環境汚染の一因になり得ます。

 

一方、アクリル樹脂は他のプラスチックと異なりリサイクルしやすい資源です。

 

リサイクルして活用することができれば、資源を無駄遣いせずに済むでしょう。

 

イラスト装飾が少なくアクリル部分が多いアクスタは、よりリサイクルしやすいです。

 

このようにアクスタは捨てることなくリサイクルする方法を検討してみるのもいいでしょう。

 

処分したら後悔する可能性がある

アクスタを捨てると、後悔する可能性があります。

 

自分の好きなキャラクターや、アイドルのアクスタをコレクションする方も多いです。

 

コレクションの中には、イベントでしか貰えないものや一度しか販売されない限定品もあるでしょう。

 

アクスタを捨てる動機は、アニメやアイドルに対しての熱が冷めたり、結婚生活の準備や引っ越しの整理などさまざまです。

 

だからといって、その場の勢いでアクスタを捨てると、後々後悔する可能性もあります。

 

  • 長い時間と労力をかけたコレクション集め
  • 熱中していたころの好きな気持ち
  • 高額なお金を出して手に入れたアクスタ

 

好きなアニメの再放送やアイドルが出演しているテレビ番組を見ると、上記の思い出があふれて後悔するかもしれません。

 

特に愛着のあるアクスタを勢いで捨てた場合、手放した瞬間はスッキリしても、しばらく経つとショックが大きくなるでしょう。

 

また、限定品やレア商品は時間が経てば高値で売却できる可能性もあります。

 

どうせ捨てるのであれば、アクスタ集めに費やしたお金を回収したいと考える方も多いです。

 

処分した後に後悔する可能性が高いことから、できるだけアクスタは捨てない方が良いでしょう。

 

時間と手間がかかる可能性がある

アクスタを捨てる作業は、時間と手間がかかる可能性があります。

 

特にアクスタを大量に集めていた方は、大変な労力がかかるでしょう。

 

アクスタを捨てようと考える方の中には、毎日仕事で忙しくて時間に余裕がないと感じている方もいます。

 

アクスタの仕分けや事故防止の新聞紙包みなど、グッズの数が多いほど作業は大変です。

 

時間と手間を削減するために、不用品整理の業者に依頼すると高額な料金がかかります。

 

処分には時間や労力、お金などさまざまなコストがかかるので、アクスタは捨てない方が良いのです。

 

同じ時間と手間がかかるのであれば、お金をできるだけかけずに売却するか、楽しみ方を変えてみることをおすすめします。

 

キーホルダーとして活用できる

アクスタを捨てない方が良い理由として、キーホルダーとして活用できる点があげられます。

 

アクスタは、一般的に立てて飾るグッズですが、工夫をすればキーホルダーにして手軽に持ち運ぶことが可能です。

 

ポーチやケースに入れて身に着けたり、本体に穴をあけてかばんから吊るすこともできます。

 

  • 部屋に飾って楽しむインテリア
  • 手軽に持ち運んで楽しむキーホルダー

 

上記のように、アクスタは「2Way」で楽しめるアクリルグッズなのです。

 

下記のページでは、アクスタをキーホルダーにする方法について詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

【2Wayで楽しめるグッズ】アクスタをキーホルダーにする方法をご紹介

 

また、日本キーホルダー工業では接続パーツであるナスカンも販売しております。

 

アクスタをキーホルダーにしたい方は、ぜひ下記のページをご覧ください。

 

【接続パーツ】販売 | 日本キーホルダー工業

 

企業のイメージ向上が期待できる

アクスタを捨てない方が良い理由として、企業のイメージ向上があげられます。

 

企業のノベルティグッズとして活用されることも多いです。

 

ノベルティグッズとは、商品やサービスの認知度向上を目的として企業が無料で配布するグッズのことを指します。

 

例えば、アニメやアイドルグループのイベントなどで、アクスタを配布すると仮定します。

 

ファンの満足度を高めつつ、キャラクターや芸能人の認知度向上が期待できるでしょう。

 

一方、イベントの来場人数が想定以下だったり感染症拡大の影響で中止した場合、アクスタが大量に余るかもしれません。

 

ノベルティグッズが大量に余るとアクスタの活用に悩み、最終的にやむを得ず処分するケースもあるでしょう。

 

万が一、大量のアクスタ廃棄が世間に知られると、企業のイメージがダウンする可能性があります。

 

上記でも述べたように、アクスタの廃棄は環境に良いわけではありません。

 

SNSが普及した今、企業のノベルティが大量に廃棄されているのが知られれば、一気に拡散される危険性もあります。

 

グッズを大量に捨てることに限らず環境に配慮しない行為は、企業のイメージのダウンにつながってしまいます。

 

企業のイメージを維持するためにも、アクスタは捨てない方が良いでしょう。

 

アクスタを捨てずに断捨離する方法

アクスタを捨てずに断捨離する方法について、ご紹介します。

 

  • フリマアプリで売る
  • オークションサイトに出品する
  • グッズ買取店に売却する
  • 知り合いや友人に譲る
  • アクリル専門業者に回収してもらう

 

苦労して集めたアクスタは、できるだけ捨てる以外の方法で断捨離したいと考える方も多いです。

 

ここからは、上記の5つの方法について具体的に解説します。

 

フリマアプリで売る

フリマアプリで売却すれば、アクスタを捨てずに断捨離できます。

 

フリマアプリとは、個人間の物の売買をネット上で行えるサービスのことを指し、スマホで手軽に出品することが可能です。

 

アクスタをフリマアプリで出品する一般的な手順は、以下の通りです。

 

  1. アクスタの写真撮影
  2. アクスタの詳細入力
  3. アクスタの配送方法の選択
  4. アクスタの販売価格の設定
  5. 出品する

 

フリマアプリとして、メルカリやラクマなどがあげられます。

 

下記のページでは、アクリルグッズの発送や梱包方法について詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

【最新版】アクキーを発送する 4つの方法!ポイントや注意点も徹底解説

【完全版】アクスタが傷つかない梱包とおすすめの郵送方法について解説

 

オークションサイトに出品する

オークションサイトに出品して売却すれば、アクスタを捨てずに断捨離することが可能です。

 

オークションサイトとは、オークションをネット上で行えるサービスのことを指し、スマホで簡単に出品できます。

 

アクスタをオークションサイトで出品する一般的な手順は、以下の通りです。

 

  1. アクスタの写真撮影
  2. アクスタの詳細を入力
  3. 出品期間や配送方法、価格の入力
  4. 出品する
  5. 落札までの質問対応など

 

オークションサイトとして、ヤフオクなどがあげられます。

 

ヤフオクは、オークションだけでなくフリマも運営しているので、お好みの方法を選びましょう。

 

グッズ買取店に売却する

グッズ買取店に売却すれば、アクスタを捨てずに断捨離することが可能です。

 

アクスタのデザインとしてよく利用されるのは、主に以下の通りです。

 

  • アニメや漫画のキャラクター
  • アイドルなどの芸能人
  • ご当地のゆるキャラ
  • 企業のマスコットキャラ

 

特にアニメや漫画のキャラクター、アイドルなどの芸能人がデザインされたアクスタは、買取してくれる業者が多いです。

 

アニメの限定品やもう販売されていない商品などは、高値で売却できる可能性が高いです。

 

グッズ買取店の公式サイトから買取の申し込みを行い、郵送して査定してもらうこともできます。

 

送料などの費用はかかりますが、わざわざ店舗に足を運ぶ手間がかからないためおすすめです。

 

知り合いや友人に譲る

知り合いや友人に譲ることで、アクスタを捨てずに断捨離することが可能です。

 

友人にアクスタを譲る場合は、お金をもらうことはないかもしれません。

 

ただ処分するくらいなら、信頼できる友人や知り合いに譲る方が良いと考える方も多いでしょう。

 

また、普段からグッズを集めている知り合いがいれば、断捨離するアクスタと相手のグッズを交換してくれるかもしれません。

 

キャラクターやアイドルのグッズは、アクスタだけでなく缶バッジやラバーストラップなどたくさんの種類があります。

 

グッズ交換を行うことで、同じ趣味を持つ方たちと自分の好きなものについて語り合うなど、交流する機会が増えるでしょう。

 

共通の趣味で盛り上がれるコミュニティがあれば、よりアクスタ生活を楽しめるかもしれません。

 

アクリル専門業者に回収してもらう

アクリル専門業者に回収してもらうことで、アクスタを捨てずに断捨離することが可能です。

 

アクリル樹脂などのプラスチックを取り扱う業者は、アクリル板などの製品を回収してくれるケースがあります。

 

無料お見積りや無料回収、高価買取など、処分の内容は業者によってことなります。

 

大量にアクスタが残っている場合などは、法人向けに回収している業者のサービスもおすすめです。

 

ただ、アクスタにはイラストが装飾されており純アクリル樹脂ではありません。

 

そのため、アクスタは回収できない業者もあるので、注意してください。

 

【アクスタの捨て方】断捨離が楽になるポイント

アクスタの断捨離が楽になるポイントについて、ご紹介します。

 

  • 新しいグッズを買いすぎない
  • 一度にすべて捨てようとしない
  • 正しい分別方法を自治体に問い合わせる

 

特にアクスタが大量にある場合は、処分が大変になるケースが多いです。

 

手間や時間をできるだけかけずにアクスタを処分するためにも、楽に断捨離するポイントについて押さえましょう。

 

ここからは、上記3つのポイントについて具体的に解説します。

 

新しいグッズを買いすぎない

アクスタの断捨離を楽にするためにも、新しいグッズを買いすぎないように注意しましょう。

 

例えば、日本のアニメや漫画は、いろんな人の心を鷲掴みする面白さがあり、熱狂的なファンがたくさんいます。

 

休日はアニメをみて過ごしたり、漫画のイベントに参加して楽しむ方も多いです。

 

そんなアニメや漫画に登場するキャラクターが、グッズになれば買いたいと思うものです。

 

熱中していると、好きなキャラクターグッズをついつい衝動買いしてしまった経験もあるのではないでしょうか。

 

よく考えずにアクスタを集め続けると、どんどん部屋に溜まっていくでしょう。

 

部屋があふれかえるほどグッズが溜まれば、いざ断捨離したい時に大変です。

 

断捨離を楽にするためにも、好きな気持ちをぐっとこらえて本当に買いたいアクスタなのか、冷静に考えましょう。

 

一度にすべて捨てようとしない

断捨離を楽にするポイントは、一度にすべてのアクスタを捨てようとしないことです。

 

アクスタを捨てる機会が訪れるのは、引っ越しや結婚の準備、部屋の大掃除などがあげられます。

 

他にも、コレクションを集めすぎて部屋がアクスタであふれかえっている時も、断捨離する機会になり得ます。

 

上記の場合、一度にすべてのアクスタを整理しようとすると、グッズや処分するものの多さに疲れてしまうかもしれません。

 

また、大量のアクスタを一度に処分するにはまとまった時間が必要なので、ついつい先延ばしにするケースもあります。

 

結果的に、アクスタを断捨離したくても、かかる時間と手間が原因で挫折してしまう可能性が高いでしょう。

 

そのため、アクスタを処分する際は、無理のない範囲で計画的に整理する捨て方が最適です。

 

アクスタ部屋があるのであれば、「今日はこのディスプレイケースだけ」、「次は棚を整理しよう」など場所を限定して断捨離しましょう。

 

正しい分別方法を自治体に問い合わせる

アクスタの断捨離を楽にするポイントは、正しい分別方法を自治体に問い合わせることです。

 

誤った分別の仕方でごみを出すと、収集業者の方に回収されない可能性があります。

 

また、アクスタはインテリアとしても活用できますが、キーホルダーにすることも可能です。

 

キーホルダーとしてもアクスタを楽しんでいた場合、接続パーツに金具を使用している方もいます。

 

金具のついたアクスタをごみに出すと、取り外して分別し直さければならない自治体もあるのです。

 

効率よくアクスタを断捨離するためにも、地方自治体に分別方法について確認し、適切な捨て方で処分しましょう。

 

アクスタを捨てたくない方は飾り方を変えてみよう!

アクスタを捨てたくない方は、飾り方を変えることで新しい楽しみを発見できるかもしれません。

 

アクスタの飾り方が変われば、部屋の印象も変化するでしょう。

 

例えば、アクスタをおしゃれに飾るアイテムとして以下があげられます。

 

  • ひな壇型のディスプレイスタンド
  • 壁に取り付けるウォールシェルフ
  • 照明付きの特大ディスプレイケース
  • 瓶やボトルの中に入れる

 

こだわりながら工夫していくうちに、アクスタを観て楽しむだけでなく、「より魅力的にみえる飾り方を見つける」楽しみも増えるでしょう。

 

上記のアイテムを活用して、アクスタ専用の部屋を作るのもおすすめです。

 

ディスプレイケースやウォールシェルフなどは、100円均ショップなどでも販売されており、比較的安価にアイテムを揃えられます。

 

下記のページでは、アクスタの飾り方について詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

【センス抜群】アクスタの飾り方9選!低コストでおしゃれに並べる方法

 

アクスタを処分する方法は捨てるだけじゃない!

今回は、一般的なアクスタの捨て方や捨てない方が良い理由、処分する以外の断捨離方法について解説しました。

 

上記でも述べましたが、アクスタの捨て方は地域によって異なります。

 

適切な分別方法の確認は、お住いの自治体に問い合わせる方法が最も確実でしょう。

 

まあ、アクスタをごみとして捨てずに断捨離する方法は、たくさんあります。

 

  • フリマアプリやオークションサイト
  • 業者の高価買取、回収
  • 友人への譲渡

 

アクスタを処分するくらいなら、「売却してお金を得たり信頼できる友人に譲った方がいい」と考える方も多いのではないでしょうか。

 

環境汚染の防止につなげるためにも、できるだけアクスタは捨てない方が良いです。

 

ぜひこの記事を参考に、アクスタを断捨離してください。

 

また、下記のページでは缶バッジの捨て方に関して解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

 

使わなくなった缶バッジ。どう捨てるのか、破棄するのに悩みますね….。

 

日本キーホルダー工業

 

アクリルキーホルダー(アクキー)
アクリルスタンド(アクスタ)
ハメパチ
ラバーキーホルダー
アクリルブロック
アンブレラマーカー
木製キーホルダー
アクリルステッカー「ピタりる」
連結アクキー缶バッジ
缶キーホルダー
メタルキーホルダー
レコードキーホルダー

キーホルダー以外の制作もお任せください!

キーホルダー以外の制作にも興味のある方は、以下サイトをご確認ください。

オリジナルステッカー制作「オーダーステッカー.com」

缶バッジ→バッチリ缶バッジ

Tシャツ→推しTeeふぁくとりー